シラバス

Life Redesign科目群

科目名 人生100年時代のためのLife Redesignを考える~これからの人生に向けて~
講師名 株式会社インソース シニア講師 蛯原恵子
学期 春、夏、秋学期
時間 半日~1日の集中セミナー
日程 1回目:4月16日、10時~17時
2回目:9月17日 午後集中講義を予定
3回目:12月10日 午後集中講義を予定

講義概要

本講義ではこれまでの人生における知識や経験を棚卸し、これからどのように歩んでいくかを考えていただく内容となっております。
春学期では、これまでの歩みをチャートシートへ記載し、自分のモチベーションが上がった出来事・下がった出来事について振り返ります。またご自身が保有しているスキルや、大切にしている価値観について洗い出していただき、「いきがいマップ」を作成します。
夏学期では、今後の人生に役立つ「コミュニケーション」「人間関係構築」について学びます。
冬学期では、「自分人生史」を作成し、これからどのように生きていくのか、そのために何を行っていくのかを具体的に考えていただきます。

受講を通して得られるもの

自身の保有している知識、経験、スキル、強みについて理解する
自身の価値観を見つめ直す
アサーティブコミュニケーションについて学ぶ
対人関係構築に役立つラポールについて学ぶ
自分史作成を通して今後のビジョンについて考えることができる

受講の際の注意事項

受講前に必要となる知識・準備 不要
グループワーク あり
課題 なし
その他

各回の講義予定

テーマ
概要
第1回テーマ:今までの人生を振り返り、生きがいについて考える
1.はじめに
(1)なぜ今50代活動(いそかつ)か
(2)楽しくいきいきと働く先達を目指す ~逆輸入される「ikigai(生きがい)」

2.ライフチャートの作成 ~これまでの仕事人生を棚卸する
(1)ライフチャートを作成する
(2)重要な出会いを共有する
(3)保有する経験・スキルを洗い出す
(4)大切にしている価値観を確認する ~キャリア・アンカー

3.いきがいマップの作成 ~これからの生きがいについて考える
(1)いきがいマップづくり
(2)気づきを共有する

4.新たな挑戦を考える

5.若い世代とのかかわり方
(1) “いまどきの若者”に対する評価とは
(2)時代とともに変わる「常識」
(3)若手世代から見た時代の変化
(4)若手世代に影響を与えた3つの時代背景
(5)若手世代の特徴とそれを形作る要因
(6)技術や知見の伝え方 ~アサーティブコミュニケーション

6.最後に
第2回テーマ:多様な人との対人関係構築について
1.振り返り
前回講義で決めた「実践すること」に対する取り組み状況、成功例・難しいと感じている点
の共有
2.何が対人関係を難しく感じさせるのか
(1)対人関係は永遠の課題
(2)相手との距離~遠すぎても近すぎても難しい
(3)変わるべきは誰か
3.対人関係構築に役立つテクニック
(1)コミュニケーションの基盤となる信頼関係 
(2)ラポールとは
(3)ラポールを構築するためのテクニック
(4)苦手な相手との関係構築 
(5)話が不得手な人の関係構築
4.タイプ別の相手との接し方
(1)ソーシャルスタイル理論とは
(2)2つの尺度による4つのソーシャルスタイル分類と特徴
(3)相手の特徴を踏まえた対応
5.まとめ
第3回テーマ:自分人生史を作成し、これからの人生を考える
1.「自分人生史」の作成
(1)輝かしい未来は自分でつくる
(2)自分人生史の作成

講師紹介

蛯原恵子の画像
蛯原恵子
株式会社インソース シニア講師

■経歴
・2社での勤務を経て、大手人材派遣のグループ会社で営業部長に就任
・SOHO事業者および小規模事業主のエージェント会社設立
ジョブインフォメーション、キャリアカウンセリング、起業支援営業セミナー、中高年再就職支援
セミナー等を行う
・インソース講師に就任
■得意分野
役員研修、管理職研修、営業研修、キャリアデザイン研修、住民協働研修、コミュニケーション向上研修 等
■資格等
米国CCE Inc.認定 GDCF Japan キャリアカウンセラー認定
厚労省認定キャリアコンサルタント
■コメント